岐阜県弁護士会

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
ご予約・お問い合わせ 058-265-0020

「表現の不自由展・その後」と表現の自由の本質

2020.02.04

■チラシのダウンロードはこちらから

「表現の不自由展・その後」と表現の自由の本質

■2020年3月8日(日曜日)

  午後2時00分~午後4時00分(予定)

 ※会場 13時30分

■場所 岐阜県弁護士会3階 岐弁ホール

■主催 日本弁護士連合会 中部弁護士会連合会

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」は、開始わずか3日で中止となったものの、2019年10月8日に再開され、大きな混乱もなく閉会となりました。

 この「表現の不自由展・その後」に関しては、愛知県知事や名古屋市長の対応、文化庁の対応などをめぐり、様々な議論がされました。

 そこで、岐阜県弁護士会では、市民の皆さんと一緒に考える学習会を企画しました。

 再開申立手続の弁護団長をされた中谷雄二弁護士のお話を聞き、改めて表現の自由について考えてみませんか。

 

 

ネットでお申し込み 話し合いで紛争解決 訴えられたら
ページトップ

岐阜県弁護士会

〒500-8811 岐阜市端詰町22番地
お問い合わせ:058-265-0020