岐阜県弁護士会

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
ご予約・お問い合わせ 058-265-0020

HIBEN?~非弁による被害者を出さないために、加害者とならないために~

2019.09.24

■チラシのダウンロードはこちらから

HIBEN?~非弁による被害者を出さないために、加害者とならないために~

(中部弁護士会連合会 第67会定期弁護士大会シンポジウム)

 弁護士法は,弁護士以外の者(※)が報酬を得る目的で業として他人の法律事務等を取り扱ったり,事件を弁護士やその他の者へ周旋したり(「非弁行為」),また,弁護士が非弁行為を行う者から事件の周旋を受けたり,その者へ自己の名義を貸したりすること(「非弁提携」)を禁止しています。

 しかし,昨今,弁護士法に違反して,非弁行為を行う者や非弁提携に陥る弁護士が後を絶たず,インターネットの普及に伴いその態様は複雑化し,被害の範囲も拡大する傾向が見受けられます。

 そこで,今回のシンポジウムでは,基調講演において非弁行為・非弁提携に関する全般的な理解を深めた上で,この問題に対して事前に実施した弁護士と市民の方々に向けた各アンケートの結果を報告します。そして,弁護士,税理士及び報道関係者をパネリスト,フリーアナウンサー(元CBC)の丹野みどり氏をコーディネーターとしてお招きし,非弁行為・非弁提携に関する全国及び中部地区の傾向や対策等を多角的な視点から検討するパネルディスカッションを行います。

 弁護士はもちろん広く市民の方々の積極的な参加をお待ちしております。市民の適正・良質な法的サービスを享受する利益を守るという弁護士法の趣旨に基づき,非弁行為・非弁提携による新たな被害者・加害者を出さないよう皆様とともに議論を深めていきたいと思います。

(※法律により認められた範囲内において法律事務等の一部を取り扱うことができる他士業もあります。)

★申込不要・入場無料です。当日会場へお越し下さい。

■2019年10月18日(金曜日)

  午前9時30分~午後0時00分

■場所 岐阜グランドホテル 地下1回ロイヤルシアター

■主催 中部弁護士会連合会

ネットでお申し込み 話し合いで紛争解決 訴えられたら
ページトップ

岐阜県弁護士会

〒500-8811 岐阜市端詰町22番地
お問い合わせ:058-265-0020