岐阜県弁護士会

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
ご予約・お問い合わせ 058-265-0020

岐阜県弁護士会示談あっせんセンター

あなたのトラブルを迅速・適切に解決するために、弁護士がお手伝いします。

実務経験豊かな弁護士があっせん員となり、トラブルの当事者双方のお話をきき、話し合いによる解決をするための機関です。

「裁判や調停にはしたくない」「話し合いで円満な解決をしたい」というときにご利用ください。

民事事件全般に利用できます。

例えば…

  • お金の貸し借りにかかわる問題
  • 土地建物の貸し借りのもめごと
  • お隣さんとのトラブル
  • 雇い主、従業員とのもめごと
  • 相続にかかわる争い など

示談の流れ

1.あっせん申立

岐阜県弁護士会の窓口に申立書を提出し、申立手数料を納付してください。

※事案によっては受付できない場合もあります。

2.あっせん員の選任

示談あっせんセンターが、あっせん員となる弁護士を選任します。

3.相手方へ通知

申立があったことを相手方に通知します。

相手方が示談あっせんを拒否するなど、期日に出席する見込みがないときは、

示談あっせん不開始(手続きの終了)となります。

4.期日

原則として、申立人と相手方双方に岐阜県弁護士会館までお越しいただき、話し合いをします。

2回目以降の期日には、申立人・相手方それぞれ期日手数料を納付してください。

5.和解成立又は不成立

和解成立のときは和解契約書を作成します。成立手数料を納付してください。

和解成立の見込がないときには、示談斡旋を終了します。

示談あっせんの手数料

岐阜県弁護士会の示談あっせんセンターを利用するには、次の費用が必要です。

申立手数料

1件につき10,000円(税別)。

申立書を提出するときにお支払いください。

返還できません。

但し、相手方の拒否等により、不開始(第1回目期日前に手続きが終了)となった場合は、その半額を返還します(返還にかかる費用は申立人負担)。

郵送費

相手方の数×1,000円

不足が生じたときは追納していただきます。

示談あっせんが終了した後、郵送費の残りがあるときは返還します(返還にかかる費用は申立人負担)。

期日手数料

期日ごとに申立人・相手方それぞれ5,000円(税別)

第1回目の期日は不要です。返還できません。

成立手数料

和解成立のときに、申立人・相手方双方にお支払いいただきます

成立手数料の目安は下記のとおりです。

解決額(和解契約書に記載)
標準額
10万円 8千円(税別)
50万円 4万円(税別)
100万円 8万円(税別)
200万円 13万円(税別)
500万円 22万円(税別)
1,000万円 32万円(税別)
5,000万円 112万円(税別)

※負担割合は、あっせん員の弁護士が決定します。

ネットでお申し込み 話し合いで紛争解決 訴えられたら
ページトップ

岐阜県弁護士会

〒500-8811 岐阜市端詰町22番地
お問い合わせ:058-265-0020